東大・早慶・医学部・付属校の受験を目指す

中学受験コース

早慶家庭教師センターの塾別指導方法(同ページ下へリンクしています)

   塾別対策コース 日能研対策コース  塾別対策コース SAPIX対策コース  塾別対策コース 早稲田アカデミー対策コース
   塾別対策コース 四谷大塚対策コース


 中学受験を目指す皆さんは、既に、日能研、SAPIX、早稲田アカデミー、四谷大塚などの有名塾に通っていることと思います。むやみと不安を煽るような文面になってしまったら申し訳ないのですが、
  「本当に今のままで、塾に頼るだけで、お子様の志望校に合格できますか?」
  「お子様は、今、塾の何番手のクラスに通っていますか?」
  「お子様が、もし、2番手以下のクラスに通っているのなら、お子様のクラスから(お子様の塾からではなく)、お子様の志望校に、何人が合格しているか、知っていますか?」


  お子様の通う塾が、毎年、有名校(御三家、付属中学)に何人合格者を輩出しているかと、お子様が今年その一人になるかは別の問題です。別の言い方をすれば、お子様の所属するクラスから、いったい何人が有名校(御三家、付属中学)に合格するか、知っていますか?
  例えば、「御三家選抜コース」が成績順に4つのクラスに分かれているとしましょう。もしお子様が上から3番手のクラスに所属しているとしたら、本当に、塾の授業だけで御三家に合格できると思いますか?


 大手の塾は、呼称は様々(特別選抜クラスと一般クラス等)ですがクラス分けをしています。このトップのクラスと他のクラスでは、使用するテキストが違っていたり、仮に同じテキストでも実際の授業で使用するページが違っていたりするケースもあります。勿論、担当してくださる先生も違います。そして、定期的に行われるクラス分けテストには、2番手以下のクラスでは使用しないテキストやページの、難しいレベルの問題しか出題されないというケースもあります。


 このような塾では、
  「もし今、お子様が2番手以下のクラスにいて、塾の勉強しかしていないならば、次の選抜テスト・クラス分けテストで1番手の(トップの)クラスに移ることはかなり難しい」でしょう。さらに、そのまま受験の本番を迎えるならば、「お子様が2番手以下のクラスにいて、塾の授業の勉強しかしていないならば、第1志望校に合格することは困難」でしょう。
  実際、小学5年生までは他の塾(例えば地元の個人塾)にいて、6年生になる時に、選抜テストを受け、有名塾の1番手の(トップの)クラスの入る人も沢山います。
  逆に、小学5年生以前からその有名塾にズ~ットいるのに、6年生になっても1番手の(トップの)クラスに上がれない人も沢山います。


 厳しい言い方かもしれませんが(失礼に当たるかもしれませんが)、お子様の通っている塾が有名で、御三家や付属中学、難関中学に沢山の合格実績があったとしても、「お子様がその中の一人になれるか、御三家や付属中学、難関中学に合格できるかは別の話」です!
  どうか、塾のネームバリューだけで油断することのないよう、今一度、足元を見つめて頂きたいのです!


  早慶家庭教師センターには、それぞれの塾のカリキュラムを熟知した上で、お子様の現状に合わせて、細かく調整した指導ができる優秀な講師がいます。塾での勉強は今まで通り頑張ることとして、それにプラスして、お子様だけのための、オーダーメイドの家庭教師をつけてみませんか?


早慶家庭教師センターの塾別指導方法

日能研対策コース

日能研では、毎週、カリキュラムテスト(通称カリテ)が行われます。このテストで1週間の学習成果をチェックするわけです。しかし、次の週の勉強に追われてしまい、なかなか復習まで手が回らないという生徒が多いのが現状です。


日能研は予習を行わないように指導しています。しかし、実際には、予習なしで授業に出席してしまうと、内容が理解できず、授業時間が無駄になるケースも多々あります。


そこで、早慶家庭教師センターでは、予習指導を行うことにより、授業の内容をスムーズに理解できるようにしていきます。復習は、生徒の理解の度合いにより、必要な部分のみ徹底的に復習をします。
予習重視の勉強でカリテでも良い成績が取れるようになります。

  • 毎週の授業の予習をすることで、塾の授業時間内の吸収量を増やす。
  • カリテで点が取れなかった分野を復習し、苦手分野の克服を図る。
  • 予習・塾の授業・復習のサイクルを身に付け、学習習慣を定着させる。

SAPIX対策コース

SAPIXは授業のレベルが高く、難関校向けの塾です。
しかし、担当してくださる先生方の質は、校舎やクラスによってかなりバラツキがあります。
おこがましい文面を失礼させて頂きます。αクラスに関しては、授業は質が高く、先生方も優秀です。他方、中・下位のクラスではアルバイトの時間講師の場合もあり、先生方の質が高いとは限りません。


どのクラスも、授業ごとに配るプリントの他、基礎トレその他の副教材など、学習量は非常に多く、全てをこなすことは、ほぼ、不可能です。


問題の取捨選択をすることが非常に大切です。
クラスごとにカリキュラムを変えることが無く、どのクラスでも同じテキストを使うため、基礎が固まっていない場合には授業が非効率的になってしまいます。


苦手分野や基礎を家庭で補い、授業では難易度の高い問題を解くと効率的です。

  • 基礎トレを利用した家庭での基礎学習の徹底。
  • 多くの補助教材(プリントetc…)の取捨選択、そしてそれらを用いての演習問題指導。
  • 上位クラスへ上がるためのマンスリー対策。

早稲田アカデミー対策コース

早稲田アカデミーの合格実績の成長率は群を抜いています。他の塾とは比較にならない熱血指導でも有名です。
早稲田アカデミーの授業は、基本的には、四谷大塚のカリキュラムに沿って進められ、テキストは主に「予習シリーズ」とオリジナル教材「W-Basic」が使用されています。
これらの教材を有効に利用し、NNクラス等で志望校別の対策を行います。
そのため、選抜テストや月例テストで高得点をとることが要求されます。

  • 「予習シリーズ」を使った予習・「W-Basic」を使った復習・テストという一週間の流れを身につけ、学習習慣を定着させる。
  • 「W-Basic」等から出される大量の宿題を生徒に合わせて取捨選択し、効率良い勉強サイクルを立てる。
  • なるべく早くNNコースに入るなどして、志望校対策を行う。

四谷大塚対策コース

四谷大塚の教材は、「予習シリーズ」・「四科のまとめ」など、基礎固めに最適なものが揃っているため、自宅学習が行いやすくなっています。
しかし、逆に言えば、しっかりとした家庭学習の習慣が定着していないと、成績はなかなか伸びません。


四谷大塚生は、他の塾生よりも時間的な余裕があるので、一週間単位で万全な計画を立てれば、大きな成績アップが望めます。
毎週のYTで点数を上げ、実力と共に本人のやる気を促すような指導方法を行います。

  • 予習シリーズを活用し、毎回の授業の予習を徹底することでの基礎固め。(→YT対策)
  • YTテストの復習を行い、弱点・苦手分野の克服を図る。
  • 「演習問題集」等を利用した応用問題対策を意識した家庭学習をすることで、難関校向けの学力を養う。
早慶家庭教師センターページトップ

早慶家庭教師センター 〒169-0051 東京都新宿区西早稲田3-17-23-602 TEL 03-3203-7394
Copyright (C) 早慶家庭教師センター All Rights Reserved.