慶応SFC(慶応大学 総合政策学部・環境情報学部)入試について

  (同ページ下へリンクしています)

   塾別対策コース 慶応SFCの選抜方法  塾別対策コース 二月の一般入試の傾向と対策


 慶応SFCを志望する人からは「いい教材が見つからない」「行きたいけれど勉強方法が分からない」という不安の声がよく聞かれます。しかし、慶応SFCは個性が強い分だけ、傾向がはっきりしているともいえます。大切なのは傾向分析とその傾向にあった勉強方法を如何に身につけるかです。早慶家庭教師センターには、慶応SFC対策の専門塾(予備校)で長年、指導をしている有名講師もいます。安心してお任せ下さい。

慶応SFCの選抜方法

二月の一般入試と、年に数回行われる推薦入試(AO入試)とがあります。

二月の一般入試には、
  英語+小論文
  数学+小論文
  英語+数学+小論文   の3つのパターンがあります。


推薦入試(AO入試)には、
  第1次試験・・・書類選考。志望理由書と自分を紹介する自己アピール文を提出します。
  第2次試験・・・面接試験。入学後の目標などを質問されます。
  の2つの試験があります。

二月の一般入試の傾向と対策

英語 120分 長文が2つか3つ出題されます。


  傾向: 長文の中の穴埋め問題
内容に関する選択肢問題
長文は勿論、選択肢も英語
多くの受験生は長文の圧倒的な長さに当惑してしまう
 
  対策: 穴埋め対策・・・ 某出版社の「英語構文150」の別冊付録を暗記用に使う
    単語対策・・・・・ 「速読英単語」を使ってなるべく文章で憶える
TOEICやTOEFLの上級レベルの単語集を使うのもよい
    長文対策・・・・・ 有力なテキストあり。(某国立大学が大学生向けに出版しているテキスト)入試で出題されるテーマをかなりカバーでき、学習効果は大。小論文のテーマ勉強にも役立つ。


小論文 180分


  傾向: 与えられた資料・論文の読解を前提に、約1000字で小論文を書く(小問あり)
 
  対策: 内 容・・・・・・ 慶応SFCの大学の講義では「自分で問題点を発見して、自分で社会を変えていこう!」ということが強調されています。入試の小論文でも、この姿勢を見せることが大切。「Aという問題には、Xという考え方と、Yという考え方がある。」という単なる、説の紹介、を書くのではなく、「Aという問題には、世間ではXという考え方が有力です。しかし、私はXとは違うYという考え方が正しいと思う。なぜなら・・・」というように、自説を明確に主張することが大切です。ただし、この自説は、独りよがりな意見では好ましくなく、客観的な根拠に基づく必要があります。
    具体的方法・・・ 出題テーマをいくつか想定して、とにかく実際に書いてみること、そして添削を受けることが効果的。英語の対策で紹介した、某大学の出版する英語テキストはここでも、本当に、役に立ちます!小論文入試では、オリジナリティーのある意見が求められますが、それは独りよがりな意見とは違います。きちんとした知識を前提とする必要があります。事前のテーマ絞込みと、情報のインプットがあれば、何の不安もいりません!
専門の塾(予備校)にも小論文対策コースがあります。しかし、所詮 は教室での集団講義のため、一人ひとりの生徒にオリジナリティーを つけさせることには限界があります。慶応SFCの小論文対策こそ、 あなただけの、オーダーメイドである、家庭教師に個別指導を受ける ことが大切です。

早慶家庭教師センターページトップ

早慶家庭教師センター 〒169-0051 東京都新宿区西早稲田3-17-23-602 TEL 03-3203-7394
Copyright (C) 早慶家庭教師センター All Rights Reserved.